日本振興銀行と過払い金 ①

日本振興銀行が破綻して、もうすぐ2ヶ月が経ちます。

日本初のペイオフ発動など色々と話題になりましたが、
資産査定などが難航し、再建への道のりはなかなか厳しいようです。

資産査定が上手く言っていない要因には、
関連企業への不透明な融資が多々存在していることが第一に挙げられますが、
それ以外にも要因があります。

その要因の一つに挙げられるのが、いま話題の過払い金問題です。

過払い金(取りすぎた金利)問題に関しては、
消費者金融の武富士の破綻で大きく話題になりましたので、
知っている方も多いと思います。

法律の規定以上の金利を消費者金融などが取っていた問題で、
今その取りすぎた金利を取り戻す動きが加速して、
消費者金融の経営を圧迫していることや、
それによって消費者に満額の過払い金(取りすぎた金利)が戻らないことが、
社会問題になっています。

一見、過払い金問題と日本振興銀行の再建の難航は、
特に関係がないように見えます。

実際、日本振興銀行が破綻したことによって話題になったのは、
ペイオフ(預金1,000万円以上の金額については保護しない)についてで、
過払い金問題については特に問題になっていません。

預金の保護に関することと取りすぎた金利のことですから、
繋がりが見えませんし、問題になるとも思えない。

そう考えるのが普通だと思います。

しかしこの2つの事は、あることをすると繋がりが生じます。

その事とは債権譲渡です。


続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック